Windows7、ちょっと試す機会がありましたので書きます。
PCのスペック
PC Lenovo Thinpad X61
Core2Duo
メモリー2GB
あまり、Vistaはさわったことはないのですが、Vistaより軽い気がします。
XPと比べても重いとは感じませんでした。
OSとOfficeしか入っていませんが。
WindowsXpモードというのがあります。
これはCPU自体が対応していないと使えません。「Virtualization Technology」に対応していないと使えません。
私が使ったPCは対応していましたので、早速試してみました。
もともと入っているわけではなく、MicroSoftからダウンロードしてこなければなりません。
ということで、ダウンロード
Windows7のエディションと言語を選んで
Windows 「virtual PC」と「Windows XP Mode」をダウンロード
まずはBIOSの設定を変更して、「Virtualization Technology」を有効にします。
それから、「virtual PC」をインストール
続いて、「Windows XP Mode」のインストール
そうすると、メニューに「Vertual Windows XP」と出てきます。
簡単に言うと「Windows7」というOSで「WindowsXP」というソフトを動かす。
という感じ。
「Office」とかと同じ扱いだと思えば、わかりやすいかな。
その「WindowsXP」というソフトの中で、「Office」(Windows7で動かないバージョン)
をインストールすれば、「Office」が使えるようになると。
ビジネスユース以外の環境ではあまり、必要性ないと思います。
「社内のシステムが古くて、XPじゃないと動かない!」って場合にはとても有効。
Vistaでこけた分、MicroSoftも本気みたい。
今回は普及しそうな予感。

関連する記事:

コメントを書く