WordPressには、SlimstatというAccessログをとる機能があります。
ただ、長期的な分析には向かないんですね。
でうちのサイトはログが一週間しか残らなくて、ついついとるのを忘れて困っていたんです。
今日、データベースから直接ログを取ることに成功しました。
具体的には、「Wp_slimex_resource」がページのマスターなんです。
つまり、ACCESSがあったページのマスター。
ここにページ名・アドレスが保存されています。
そして「Wp_slimex_stats」にACCESSログが記録されています。
それぞれにページのIDが保存されていて、そのIDでつなぐと、どのページに何時にアクセスが有ったと分かるわけです。
一番面倒なのが、UNIXTIME。日時が「1262965299」のような形で保存されているんです。
ACCESSで変換していたので、
「DateAdd(d,25569,CDate(nz([フィールド13],0)/86400))」
というふうに変換しました。
これで変換すると、「1267224198」→「2010/02/26 22:43:18」となります。
まず、「1267224198」を86400秒で割ります。
そして、ACCESSの日付の初期値とUNIXTIMEの初期値が違うので、25569日足してあげています。
これでログは完璧だあ。

関連する記事:

コメントを書く