デジタル一眼とコンパクトデジカメの違いって何ですかね。
まあ、レンズとかいろいろあるけど・・・・・
まず、画素数はあまり関係ない。
600万画素のデジタル一眼と1400万画素のコンパクトデジカメ。
600万画素のMAXとそのサイズにリサイズした1400万画素のコンパクトデジカメの画像を比較してもやっぱりデジタル一眼のほうが綺麗。
CCDの大きさの差なんですよね。
CCDのサイズを比較すると、約9倍ぐらいかな。(Nikon DX Formatと一般的なコンパクトデジカメの比較)
大きさは、9分の1なのに画素は2倍ちょっと。ちなみに画素は点の数です。
結局1個の点の大きさが違うから、記録できる光の量もぜんぜん違う。
コンパクトには良いところもありますけどね。
気軽に持ち歩けるし、いろいろ機能満載・・・・防水とか。
用途に合わせて使い分ければ良いんですよね。
ちなみにコンパクトでも、ビデオもとれますからね。
DVDサイズにすれば、全然問題なしです。

関連する記事:

コメントを書く