時効を廃止する刑事訴訟法などの改正案が衆院本会議で可決となりましたね。
約4週間という異例に短い国会審議を経て実現したそうです。
対象となるのは殺人、強盗殺人などで、罪名によっては時効期間が2倍になる罪もあるそうです。
ちなみに、過去の事件で時効が成立していないものも対象となるそうです。
ところでなぜ、今まで時効ってあったんだろう。
時効はもう十分に反省し、その間に犯罪がいかに割が合わない行為か学習し、再犯はしないだろうという考えから作られた制度なんだそうです。
でも反省していないから、逃げるんですよね。再犯する、しないは別として反省していれば自首しますよね。
時効廃止になって良かったのではないでしょうか。

関連する記事:

コメントを書く