さて、これだけIpadなどのタブレットPCが注目されると、ノートパソコンてなんだったんだろうと思いませんか?
特に個人ユース。
仕事では、話題になる以外はノートパソコンのほうが圧倒的に使い道が多い。
今度は個人ユース。結局、ネットが見れて、メールが見れて、ビデオが見れて、本が見れて・・・・・・・それで良い?
ということですよね。
となるとOSは何でも良いというか、Windowsではなくてもということですよね。
仕事も、営業はそれで良いのかも。Officeのファイルが見れれば。
あと、VPNClientになれば、かな。
そうなると、会社のPCが台数減るのかな。
PC持って、プレゼンとなるとまた違うかもしれませんが。
ソフト開発はWebが中心になるのかな。
Webなら、見れますからね。
そうなると、圧倒的にAndroidのほうが有利ですよね。
Javaアプリも動くし、制約もないし。
3年後ぐらいのOSの勢力図はどう変化するのでしょうか。

関連する記事:

コメントを書く