E7001 iRobot にカスタムファームウェアを入れてみました。
なぜ入れたかというと、
そのままだと、微妙に中国語のままなので、なんか変な感じ。
あと、カスタムファームウェアのほうが安定度が高いというのをいろいろなところで見たので。
まあこれは、カスタムファームウェアは関係ないけど、日本語入力ができないので、SimejiClassicを入れました。
手順は以下のとおり。
ファームウエアをダウンロード
ON/OFFスイッチをONに切り替え、HOMEボタンを長押し。電源を入れ、ロックを解除する。
シャットダウンする。
ON/OFFスイッチをOFF。もう一度ONに切り替える。
USBケーブルをE7001本体に挿し、MENUボタンを押しながらパソコン側に繋ぐ。
そして、不明なデバイスとして認識されたら、解凍した、ドライバフォルダから、インストール。
KAndroidDM.exeを起動。
update.imgを選んで、アップデート開始。
アップデートはそんなに時間かからないけど、初回の起動に時間がかかる。
ちょっと遅くて、びっくりした。
確かに安定感あるかも。
変な中国語も英語と日本語に変わった。
これでよし!

1、初期状態では中国語のままなので、設定から日本語に変更する。


2、初期状態では日本語入力ができないので、SimejiClassicというソフトウェアをダウンロードし、適用する。


3、初期に内蔵されているOSは不安定で、


く電源落ちが見られたり、CFWと比べると動作が遅いので、CFWを適用する。


手順は以下のとおり。


ファームウエアをダウンロード


http://www1.axfc.net/uploader/O/so/130680.zip


ON/OFFスイッチをONに切り替え、HOMEボタンを長押し。電源を入れ、ロックを解除する。


シャットダウンする。


ON/OFFスイッチをOFF。もう一度ONに切り替える。


USBケーブルをE7001本体に挿し、MENUボタンを押しながらパソコン側に繋ぐ。


そして、不明なデバイスとして認識されたら、解凍した、ドライバフォルダから、インストール。


RKAndroidDM.exeを起動。


update.imgを選んで、アップデート開始。


アップデートはそんなに時間かからないけど、初回の起動に時間がかかる。


ちょっと遅くて、びっくりした。


確かに安定感あるかも。


変な中国語も英語と日本語に変わった。


関連する記事:

2 Responses to “E7001 iRobot にカスタムファームウェアを入れてみました。”

  1. E7001ユーザ より:

    突然すみません、
    http://www1.axfc.net/uploader/O/so/130680.zip
    このファイルをお持ちでは無いでしょうか?
    この前から探しているのですが、全てリンク切れになっており、未だ入手できていません。
    もし、お持ちであれば何処かに上げてもらえないでしょうか?

  2. masazin より:

    ごめんなさい。
    探してみたけど、ありませんでした。

コメントを書く