軽自動車の税金が4倍になる可能性が・・・・
15日公表された「自動車関係税制に関する研究会」の報告書によると、研究会では軽自動車の規格は小型自動車に近く、安全面や環境面で比較しても特段差異はないものと考えている。
特に環境面においては、軽自動車と1000ccの小型自動車のCO2排出量の平均値は軽自動車の方が排出量が多い状況という。
現在、自動車税では1000ccの小型自動車(乗用・自家用)にかかる標準税率は2万9500円であるのに対して、軽自動車税が適用される四輪の軽自動車(乗用・自家用)にかかる標準税率は一律7200円となっている。
税負担に4倍強の開きがあることに関して研究会は「この税負担の格差について、環境自動車税の環境損傷負担金的性格や財産税的性格からは、もはやその格差を合理的に説明することは困難であり、軽自動車と小型自動車を区分して議論すべきものではない」 とのことです。
なんだか増税ばかりですねえ・・・・民主党が政権取ってから。来月はタバコの増税でしょ。
なぜ、庶民に負担のかかる 増税ばかりするんだろうか?
1人車1台のといわれている、地方は負担が増えますよね。
そのために、軽という規格があるのでは? 軽メーカーだって、決まったら大打撃でしょ。
まだ自民党のほうが良かったのでは?と思うのは私だけでしょうか。

関連する記事:

コメントを書く