「東京ドームシティアトラクションズ」での事故の続報で新たに、
運転操作は社員が行うという規定があったそうです。
これではアルバイトの責任ではないですよね。
逆に言えば、運転操作はアルバイトにやらせてはいけないということですからね。
「東京ドームシティアトラクションズ」の安全への管理体制が問題だったということですね。
「東京ドームシティアトラクションズ」って結構事故が起こっているんですね。
2010年5月
「スピニングコースター舞姫」で一部の部品が落下。女性従業員に当たり、軽傷を負う事故
2010年11月29日
「タワーハッカー」にて女性従業員がアトラクション点検中にワイヤーに右手が挟まれ指3本切断する事故。
2010年12月5日
「サンダードルフィン」からコースターの部品が外れてしまい、園内を歩いていた9歳の少女に当たり、軽傷を負った。
そして今回の事件。
安全への管理体制が問題ですよね。

関連する記事:

コメントを書く