燃料電池って知っていますか?
Wikiによると、
燃料電池は、補充可能な何らかの負極活物質(通常は水素)と正極活物質となる空気中の酸素等を
常温または高温環境で供給し反応させることにより継続的に電力を取り出すことができる発電装置である。
だそうです。
う~ん、よくわからない。
簡単に言ってしまうと水素を燃料として、エネルギーを発生させるらしい。
ノートパソコン、携帯電話などの小型の機器にも使えそうで、今後期待されているエネルギーなんだそうです。
固体高分子形燃料電池と呼ぶみたいなんですけどね。
こちらはWikiによると
固体高分子形燃料電池の基本構造は、燃料極(負極)、固体高分子膜(電解質)、空気極(正極)
を貼り合わせて一体化した膜/電極接合体 (Membrane Electrode Assembly, MEA) と呼ばれる基本部品を、
反応ガスの供給流路が彫り込まれたバイポーラプレート (bipolar plate) と呼ばれる導電板で挟みこんで1つの基本単位を構成し、
これを特に単セル (single cell) と呼ぶ。単セルでは運転時に約0.7Vの電圧を発生する。
だそうです。
仕組みは良くわからないけど、
実際に、「FC EXPO 2010」でアクアフェアリーが展示したそうです。
2000円前後で6月にも発売するそうです。
交換用燃料カートリッジは100円前後らしいです。
燃料電池をし使用した、ソニーの「VAIO X」も参考出展したそうです。
ちなみに「Ipad3」はこの燃料電池だってうわさがあるそうです。

関連する記事:

コメントを書く