Windows8のうわさがいろいろと出始めていますね。
発売ですが、2012年夏ごろというのもあるし、2011年末というのもありますね。
でも、2012年にリリースされるそうです。
MicrosoftCEOのスティーブ・バルマー(Steve Ballmer)氏が5月23日に明らかにしたそうです。
2012年のいつかは口にしなかったみたいですけどね。
Windows 8は、ユーザーインターフェースが一新され、低消費電力のARMプロセッサもサポートするらしい。
ARMプロセッサは「PDA」「携帯電話」「メディアプレーヤー」「携帯型ゲーム」などに使用されているプロセッサのことです。
つまり、タブレットにも対応ということだと思います。
本格的にタッチパネルに対応しようということですよね。
またクラウドとの一体化しWindows 8ではクラウドストレージがPC内蔵のHDDと同じような感覚で扱えるようになるそうです。
意味わからないですよね。
クラウドとは、インターネットを用いた新しいスタイルのパソコン利用形態のことです。
インターネットは必須。
要は、サーバーがあってPCからそのサーバーにアクセスして必要なものはすべてそのサーバーにあり、PC側には特に何もいらない。
アプリもデータもPC側にはなく、すべてサーバーにあるというイメージかな。
とにかく、Windows7からかなり変わるようです。

関連する記事:

コメントを書く