松山千春の1984年5月21日発売のアルバム「愛を贈る」に収録されている曲です。
「六月の雨」今の季節にぴったりの曲です。
「愛を贈る」で一番好きな歌がこの曲です。その次が「愛しているから」
とにかく、歌うまい。
YouTubeで 「六月の雨」で検索すると、ヒットします。
まだ、中学生だったかな。
YouTubeを見てて、思わず聞き入ってしまいました。
「六月の雨」
お前の愛がこれほどまでに、心の中をしめていたとは
気づかないで笑ってたよ これで少し気が楽になるってねぇ
今どこで何をして誰といる
僕のねぇ 愛なんてつかの間のちっぽっけな思い出
お前がいれば優しいはずの6月の雨 心に冷たく
ため息ばかりついているみたい 何を見ても何を聞いてもねぇ
あのころの二人にはもどれない事はねぇ
わかるけどこの胸がこんなにもいたいねぇ
今どこで何をして誰といる
僕のねぇ
愛なんてつかの間のちっぽけな思い出

関連する記事:

コメントを書く