この前ふれましたが、ちょっと理由が違ったようです。
「モトローラー」が持っている、多数の特許が買収の根本的な理由だったようです。
AppleやOracleなどが、Googleまたはそのパートナー企業らを提訴しています。
「モトローラー」を買収する理由は、法的な対立勢力から、Googleとパートナー企業を防衛するための特許を手に入れるという事だったようです。
でも、同時に「モトローラー」を傘下に置くという事は、パートナー企業と競合するということになりますよね。
今までは、設計・製造そのものには参入していないですからね。
「モトローラー」がどのような位置づけになるか、わかりませんがある程度は開発にもかかわってきますよね。
Googleとしては、買収によって得る防衛力のほうが重要なんでしょうけどね。
少なからず、サムスンなどのパートナー企業は影響でそうな気がするけどな。
Googleとしての、タブレット等のモバイル製品への思い入れが、「モトローラー」製品に反映されてくるんでしょうね。

関連する記事:

コメントを書く