さて、「windows8」の詳細もわかり、来年には「windows8」タブレットも出てくるでしょうね。
今年はかなり、タブレット端末の販売台数も伸びたようですね。
その中でも、「Ipad」の割合が多く、「Android」タブレットはかなり負け気味みたいです。
あくまで、タブレット端末ですけどね。
「windows8」タブレットはメーカーにとってはとても作りやすい端末みたいですね。
「windows8」が発売されたら、「windows8」タブレットがかなり、発売されると読んでいるみたいですね。
「windows8」は、INTELのMPU以外にも対応し、INTELはGoogleとも組んでATOMで「Android」タブレットが動くようにするらしいです。
今後はいろいろな組み合わせで、いろいろなタブレット端末が発売されるんですね。
今にINTELのMPUで、「Ipad」が発売されたりして。
もうひとつ、Amazonのタブレットも11月ごろ、発売されるみたいですね。
「Android」ベースで独自仕様になっているみたい。
これもちょっと気になる。
最後は、タブレット端末よりも、ネットでのマーケットが鍵を握るのではないだろうか。
確かに、ゲームなどのプログラムに関しては、それぞれ独自になるのでしょうが、音楽、ビデオに関しては、皆同じ。
ItuneでAndroidの管理ができたら、便利だし面白いでしょ?
いまのところ、「windows8」をいれてOS3種類でしょ、これ以上はとりあえず増えないだろうし。
この3つのOSをおさえたマーケットってできないのかな。
実はどこかで、もう考えていたりして。いろいろ問題はありそうですけどね。
「windows8」が発売されたら、間違いなく、パソコンの主流はタブレットになるんでしょうね。

関連する記事:

コメントを書く