電子書籍って、いまいちのびないですね。
なぜなんだろう。
原因のひとつに、日本は価格が高い。
最近話題になったジョブズ伝記が良い例です。
紙媒体の本の価格とほぼ同じ値段でしょ。
なぜ同じ価格なのだろう。
普通に考えれば、コストは全然違うと思う。
当然ですよね。
外国では紙媒体の価格と比較すると、紙媒体の価格の7割~8割ぐらいになる。
なぜ、日本はそうならないのだろうか。
電子書籍に対しての印象が悪いのかな。
だから日本では、あまり広まらないんですよね。

関連する記事:

コメントを書く