MicrosoftはAppleのiPadと本気で戦う気らしい。
Microsoft、自らタブレットPCを作っちゃった。

その名も「Surface」
キーボード兼カバーもあるみたい。
これはちょっと本気ですよ。

いよいよMicrosoftタブレットが台頭してくるかな。
Windows8だけでなく、WindowsRTもあるみたい。

Windows RTはWindows 8のARM版。
簡単に言ってしまうとCPUの種類。
ARMはPC以外の機器(携帯電話・携帯ゲーム機・タブレットなど)用のCPUと言えばよいかな?
主に米国Intelと米国AMDが製造してきた従来のx86をサポートしてきたMicrosoftが、ARMもサポートするということですね。

Windows RTがWindows 8と大きく違うのは、単体OSとしてでなく、必ず製品にバンドルされる形で販売されます。
また「タッチ操作」に対応したPC、つまりタブレットPC用のOSなのです。

MacOSとiosみたいなものかな。
これは売れそうな予感。

関連する記事:

コメントを書く