ios6の日本で使える機能がappleのサイトに出ていたので、まとめてみました。

ここからは、日本のappleデバイスで使える機能、使えない機能です。
iphone4sと新しいipadが対象かな。

マップ
使える機能
標準
航空写真
道順
ルート案内
ローカル検索

使えない機能
建物の3D表示(記者発表のデモではロンドンのビッグ・ベンが紹介されたが、使えるのは米国のみとなっている)
渋滞状況
ビジネスレビュー&写真

Siri
使える機能
スポーツの試合の予定や結果
Twitterの統合
Facebookの統合
映画情報

使えない機能
ローカル検索
レストラン検索
レストランのレビュー
レストランの予約
映画のレビュー
映画の上映時間

iTunes Store
使える機能
ミュージック
映画
音声入力
アプリケーション
ゲーム
使えない機能
テレビ番組

iPhone 3GSとiPhone4では使えない機能
マップ
Flyover
ルート案内
Siri
シェアド・フォトストリーム
FaceTime over Cellular
メールのVIP機能
オフラインリーディングリスト
Made for iPhoneの聴力補助機能

ipad2では使えない機能
Siri
Made for iPhoneの聴力補助機能

ちょっと、アップデート考えちゃうなあ。
意外と地図、siriの機能が限定されていますね。
ベータ版かもしれませんが地図ソフト、イマイチ使い勝手が悪いということを良く見る。
siriの精度自体は上がっているのだろうけど、機能かなり限定されていますね。
でもレストラン検索などは、そう遠くないうちに出てくるだろうと予想されていますね。

実際、動きはどうかな。・・・・重いのかなあ。
とりあえずアップデートはやってみようと思っています。
あと、youtubeがなくなるみたいだから、公式アプリダウンロードしておかないと。

ところで、まだ日本でのダウンロード、9月19日ってはっきり決まっていないの?

関連する記事:

コメントを書く