Androidアプリで個人情報73万件余りが流出したそうです。

この流出したアプリの開発者おかしい。
電話番号を検索するためのスマートフォン用のアプリで、自分のandroid端末の個人情報をサーバーに送っていたらしい。
しかも開発者が、NHKの取材に対し「情報が、本当に集まるのか試してみたいと思い、実験のために行った。 電話帳を利用することはサイト上に記載しており、問題ないと考えていたが、 説明に不十分な点があったのかもしれない」と話しているそうです。
一時期、他人が閲覧可能な状態になっていたそうです。

説明が不十分という、問題なのだろうか。
いろいろな人のandroid端末のデータを集めて、それをデータベース化して、そこから検索させていたのだろうか。
そのソフト、何のソフトか知らないけど、どうやって検索するのか知らないけど、名前で検索?
そうすると、何件もヒットするの?もしかして。

ソフトに関しては、発売元がある程度、チェックしないとだめですね。
こんなソフトの開発が許されてしまうようなら、問題ですよね。

関連する記事:

コメントを書く