最近、ノートパソコン調べていて、気がついたんだけど第3世代のCore i5とCore i7ってクアッドコアだけでなく、デュアルコアもあるんですね。
恥ずかしい話、最近まで知らなかった。

Core i5とCore i7と言えば、当然クアッドコアだと思っていた。
ちょっと気をつけないとね。
ちなみに、昨日ウルトラブックで書いた「ZENBOOK UX21」はデュアルコアでした。
普通のスペックを求める人は問題ないのだろうけど、ハイスペックを求める人は気をつけないと。
まあ、そういう人は知っているか。

でも、最初にクアッドコアで出して、後からデュアルコアを追加ってなんかおかしいよね。
Core i5とCore i7は一般的なPCで初のクアッドコアですからね。
どうしても印象が強い。

だまされているような気がするのは私だけでしょうか。

関連する記事:

コメントを書く