さて、最近はほとんどがスマフォに切り替わってきていますね。
しかも、ほとんどがIos・Androidですよね。

そんな中、FireFoxで有名な米モジラ社が「FireFox OS」を開発したそうです。
もう、実際にダウンロードして試してみることもできるようです。
ちょっとしかみていないのですが、擬似的にAndroid OSのソフトとして、試すことができるみたいです。

KDDIが2014年ぐらいから、発売するそうですね。・・・・・そういえばWindowsはどうなった?
基本的にオープンソースみたいだから、携帯会社や端末メーカーが、独自のサービスを展開しやすいみたいですね。
セキュリティー面での強化も狙いの1つみたいです。

個人的にはブラウザはFireFox、メーラーはThunderBirdを使っているので、うれしいニュースですね。
この段階での新規参入は厳しいかもしれないですけどね。

Androidには驚異的かも。
IOSはもう、基盤がしっかりできているからなあ。
よっぽどへましない限り、牙城を崩すのは難しいかも知れませんね。

個人的にスマフォを薦めるとなると、どうしてもiphoneになりますね。
最近のAndroidをいじったことがないので、最近どうなのかはわかりませんが、操作性はiphoneのほうが1枚も2枚も上だと思います。

一度iphoneを使ってしまうと、もう他のスマフォにしようとは思わないと思う。
やっぱりソフト面での充実が大きいでしょうね。
Itunes経由でしかインストールできないけど、そのぶんAppleの審査なしには配布できませんからね。
セキュリティー面でも1歩リードしてますよね。
Itunesの存在も大きい。

でも、長い目で見ればわからないですけどね。
ゲーム機が良い例ですね。
一時期は完全にSONYのプレイステーションに奪われていた、NintendoがDS・Wiiで復活しましたからね。

何が起こるかわかりませんよね。
10年後にはほとんどのスマフォが「FireFox OS」だったり、「Windows」だったりする事だって考えられなくはないですからね。

さて、スマフォ業界はどうなっていくのか、楽しみです。

 

 

関連する記事:

コメントを書く