片山被告が「遠隔操作事件への関与」認めたそうですね。
何か、あっけない幕切れでしたね。

結局の所、警察は証拠を見つけていたのだろうか。
決定的な証拠がないまま、片山被告が自ら墓穴を掘って自白したという流れなのでしょうか。
実際の所どうなのだろう。

もしそうだとしたら、今回のメールの件がなければ、うやむやのまま、無罪だったという事もあり得ますよね。
逆に言えば、墓穴をほらなければ、解決できなかった事件とも言えます。

もし、同様の事件が起きたらと考えると怖いですよね。
遠隔操作される側になったら、本当に怖い事件です。
サイバー犯罪は今後のもっとも重要な課題だと思います。

関連する記事:

コメントを書く