ルーズヴェルト・ゲーム 最終回でしたね。
なんとなく、描いた通りの結末でした。
野球も勝って、コンペも勝って・・・でも、面白かった。
個人的には今期のNo1だな。

野球の展開はちょっと出来過ぎという感じがしないでもないけど。
そもそも、ルーズヴェルト・ゲームって、点を取られたら取り返し、8対7で決着する試合の事らしいですからね。
第32代アメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルトの言葉なんでしょ。
確かに面白い試合でしょうね。
都市対抗野球のタイブレイクというルール知らなかった。
WiKiによると

適用条件 延長12回以降、試合時間の長短に関係なく適用。
運用 1死満塁から試合を行う。12回の攻撃前に監督が攻撃開始打者を指定する(11回の攻撃終了時の打者が誰であっても関係なし)。一塁走者は打者の前位の者、二塁走者は一塁走者の前位の者、三塁走者は二塁走者の前位の者とする。代打、代走を起用してもよいが、通常のルールと同様、代打、代走を送られた選手は退いた形となり、代打者、代走者が打順を引き継ぐ。なお、13回以降は12回の攻撃終了時の打順を継続して運用する。
なんですって。

知っていました?

関連する記事:

コメントを書く