VMwareを使ってみる。
正式にはVmware Vspere ESXi を使ってみる。
まずはサーバーとなるPCを用意。
それとVspere Clientを入れるPCが必要。
まずはサーバーとなるPCにVmwareVspereをインストール
このインストールとても簡単だった。

ちなみにソフトのダウンロードは無償だけど登録が必要となる。
ここわかりやすいかな。
IP・rootのパスワード等を設定して、今度はVspere Client
こちらはISOの中に入っている。

普通のWindowsインストーラー。
早速立ち上げて、IPとユーザー、パスワードで接続。

後はVMPlayerとそんなに変わらず、簡単にVMが作れます。
で、VMPlayerのデータは変換ツールを使う。
ここからログインしてダウンロード。
結構時間はかかるけど、起動しているPCをまるごと、移行ということもできるみたい。

仕事がらみなんだけどね。

 

vSphere

関連する記事:

コメントを書く