iPhone Xの初回出荷数が少ないみたいです。
どうやら3D顔認証に使う基盤の供給が原因のようです。
初期出荷台数の2〜300万台程度になる見込み。

iPhone Xが出るまで、iPhone 8を待つ人もいるでしょうし、Appleの業績にも影響が出そうですね。
個人的には、スマホにこれ以上の機能はいらないと思っています。

OSのバージョンがあがり、もっている機種が対応していないとアプリが使えなくなる。
Androidも同じですね。
ハードのスペックは、低くないのにOSが重くなって動作が遅い。
結局、これの繰り返しですね。
まあ、売り手としては当然なのでしょうが、消費者としてはもう少しスパンを長くしてほしい。

関連する記事:

コメントを書く