2018年4月から、インスペクションという項目が賃貸仲介の重要事項説明義務に追加されます。
インスペクションの意味は調査、検査、視察、査察。
ホームインスペクションとは、国土交通省のガイドラインによると
中古住宅売買時に行われる建物検査を対象としています。
確認する劣化事象は
・構造耐力上の安全性に問題のある可能性が高いもの
・雨漏り・水漏れが発生している、又は発生する可能性が高いもの
・設備配管に日常生活上支障のある劣化等が生じているもの
としています。
検査方法は、目視、計測を中心とした非破壊による検査
基本的には目視で、計測機器を使用した検査となっています。

狙いは中古住宅市場の活性化のようですね。
賃貸にはそんなに重要なことではないような気もしますが、賃貸住宅も対象となります。

さて、賃貸の重要事項説明書には具体的にどんな内容が必要なのでしょうか。
具体的にまだ方針が決まったわけではなく、
宅建協会(全国宅地建物取引業協会連合会)、全日(全日本不動産協会)、 FRK(不動産流通経営協会)、全住協(全国住宅産業協会)が
2018年4月以降の重要事項説明について、具体的な方針を決めている段階です。
これからも随時、確認していきたい。

関連する記事:

コメントを書く