ガソリン税は、暫定税率を含め、ガソリン1リットルあたり53.8円。(Wikiペディア)
今、実際リッターあたり、125円ぐらいですかね。
+消費税だし、半分は税金ということですね。

さて、ガソリン税の目的は何でしょう。
道路整備の財源に充てられるものですよね。
ハイブリット車と普通のガソリン車では払う税額に差が出てきますよね。
これってどうなんでしょうか。

ハイブリッド車とEVが出てきたことによって税金も変えないと不公平ですよね。
というか、ガソリン税は6年連続で減収だから、そろそろ異なる方法、いや追加の税を考えるころなのではないでしょうか。

いずれにせよ、そう遠くない未来にガソリン車はなくなるのでしょうから。
EVが主流になるのでしょうね。
中国はEVに舵を切りましたが、日本はどうなるのでしょうか。

関連する記事:

コメントを書く