Window7が出て、64bit版が騒がれているので、どうしようか悩んでいる方も多いのかなと思います。
64bitと32bitの違いは簡単に言ってしまうと、扱えるメモリーの容量が違うということ。
32bitでは、4GB(実質3GB程度)までしか扱えない。
8GBのメモリーをつんでいても、2.5GB~3.5GBほどのメモリーしか使えないわけです。
これが64bitだとOSにもよりますが、4GB以上使えます。
?
CPUを64bit化をしただけでは性能がむちゃくちゃあがると言うわけではありません。
もちろん、複雑な処理の場合は違いますが。
サーバーとかワークステーションなら4GBを超えるメモリーが使えるほうが良い。
データベースは特にそうですね。
一般用途のPCで4GB以上のメモリーが必要なのは・・・・ビデオ編集ぐらいかな
一般的な使い方では、32bitで十分だということです。
サーバーはメモリ空間を広げたいために64bitへ向かったのです。
一般PCは?・・・・・・今のところ必要ないかな。
ただ、今後は確実に64bitになるのではと思います。
ちなみに確実に64bitに対応しているCPUは
Core i7
Core 2 (Solo, Duo, Quad)
Pentium Dual-Core
Pentium D
Celeron Dual-Core
Phenom
Athlon 64
Turion 64
Atomも一部対応しているようです。
つまり、上のCPUなら、32bit・64bitどちらでもインストールできるということです。
いずれ、64bitになるんでしょうが。

関連する記事:

コメントを書く