リコーが「GXR」を発表
ニュース記事
リコーは2009年11月10日、レンズ交換式デジカメの新製品「GXR」を発表した。
一眼レフカメラのようにレンズだけを交換するのではなく、
レンズと撮像素子が一体化した「カメラユニット」をワンタッチで交換できる斬新な仕組みを採用するのが特徴だ。
大型で高画質の撮像素子にも手軽に交換できるのがメリットだ。ユニットは完全密封なので、レンズ交換時のゴミやホコリの心配もない。
すごいですね。これは画期的!
本体に撮像素子がない。ということは、画素数が上がっていけば、
カメラユニットをとっかえれば、カメラ自体の性能もあがる?・・・・というわけではないみたい。
ニュース記事
各カメラユニットは、レンズの特性に応じて撮像素子の種類や大きさを変えており、
レンズごとに最適な画質で撮影できるようにした。
画質やボケを重視するならばデジタル一眼レフカメラ並みの大型撮像素子を、
ズーム性能を重視するならば小型撮像素子を、
HD動画撮影や連写性能を重視するならば高速CMOSセンサーを組み込むといった具合だ。
搭載する撮像素子の大きさに画質を左右されていた従来とは異なり、
大型で高画質の撮像素子にも手軽に交換できるのがメリットだ。ユニットは完全密封なので、レンズ交換時のゴミやホコリの心配もない。
だそうです。
動画だとそんなにすごい画素数は必要ないですものね。
スピードのほうが重要。
本体よりカメラユニットの方が高い。そりゃそうだ。
最近、Nikon D5000が気になっています。
デジタル一眼レフも安くなりましたね。私のD70も恵美が生まれるちょっと前に買ったからもう5年。
600万画素でも十分なんですが、夜景も綺麗に撮れるし。でも新しいほうがいいな。
有効画素数12.3メガピクセルですからね。倍ですよ。
デジタル一眼レフを使っている人増えましたね。この前D3000ですが、2本レンズセットで6万円きっていました。
本当に安くなりましたね。
どのメーカーもそうですが、サンプル画像であまり、夜景を出さないですよね。
あまり自信ないのかな。
前にも書きましたが、コンパクトデジカメはリコーが良いと思います。
ちょっと高めですけど。マクロがとにかく強い。
前に勤めていた会社は、ジュエリーのリフォームの会社だったのですが、お客さんのジュエリーの写真を撮るときに、ばつぐんの性能でした。

関連する記事:

コメントを書く